HOME  >  事業紹介  >  翻訳出版  >  アジアの現代文芸の翻訳出版  >  鰐の涙
アジアの現代文芸の翻訳出版

フィリピン

出版年月日 1997年3月30日

鰐の涙

著者
:アマド・V・ヘルナンデス 著
翻訳者
:大上正直 監修、蜂谷純子 訳
ジャンル
:小説
原作出版年代
:20世紀後半
総頁数
:355

フィリピンは、過去においてスペイン、アメリカ、日本といった外国の支配を受けた結果、アジアの諸国のなかでも、特異の文化を持つといわれています。この作品は、フィリピンのどこにでもあるような町サンピロンを舞台に、権力者の腐敗と民情を描いたものです。“鰐”とあだ名されている狡猾な地主ドニャ・レオナ。小作人と住人たちは組合をつくり、鰐に闘いを挑みますが・・・。本書を通じて、フィリピン民衆の真の姿と心、そして現実の生活を感じとることができます。