HOME  >  事業紹介  >  翻訳出版  >  アジアの現代文芸の翻訳出版  >  テインペーミン短編集
アジアの現代文芸の翻訳出版

ミャンマー

出版年月日 2010年2月24日

テインペーミン短編集

著者
:テインペーミン 著
翻訳者
:南田みどり 訳
ジャンル
:小説
原作出版年代
:20世紀後半
総頁数
:257

ミャンマーが議会制民主主義からビルマ式社会主義へと体制を変え、社会が変遷していった時代を背景とする8編の作品が収録されています。著者テインペーミンは、作家は傍観者であってはならず、民族解放に貢献する作品を書くべきだと主張し、「進歩的」文学の概念を文芸界に導入しました。作家としてだけではなく、ジャーナリストとしても名を馳せ、戦後ビルマ政治の荒波に身を投じた人物でもあります。本書には、時代に翻弄される民衆の姿と共に、戦後の激動を真摯に生きた著者の心の軌跡も記されています。