HOME  >  事業紹介  >  翻訳出版  >  アジアの現代文芸の翻訳出版  >  ある女の肖像
アジアの現代文芸の翻訳出版

マレーシア

出版年月日 1998年3月30日

ある女の肖像

著者
:S.オスマン・クランタン 著
翻訳者
:小野沢純 監修、加古志保 訳
ジャンル
:小説
原作出版年代
:20世紀後半
総頁数
:376

マレーシアは「ルックイースト」政策などにより経済的発展を遂げた国ですが、多民族複合国家で、特にマレー系と中国系との間に複雑な人種問題を抱えている国でもあります。この作品では、このようなマレーシアの実情に触れるとともに、第二次世界大戦を挟んだ激動の時期に、強く、逞しく、叡知を働かせて生きた女性である著者の母の一代を描いています。われわれ日本人とは異なるイスラム教の宗教観が全編に貫かれていますが、宗教や国は違っても、母の存在そのものは変わらないということが実感されます。