HOME  >  事業紹介  >  翻訳出版  >  アジアの現代文芸の翻訳出版  >  ムーサーの一撃
アジアの現代文芸の翻訳出版

パキスタン

出版年月日 2014年12月18日

ムーサーの一撃

著者
:ムハンマド・イクバール 著
翻訳者
:片岡弘次 訳
ジャンル
:詩
原作出版年代
:20世紀前半
総頁数
:297

本書の著者イクバールは、アジアの現代文芸シリーズ『ジブリールの翼』(片岡弘次氏訳・2011年出版)の著者でもあります。

いずれの作品もインド・パキスタン分離独立(1947年)前の1930年代の英領インドにおいて、衰退の道をたどるイスラーム社会の将来を憂い、イスラーム教徒の再生と覚醒のメッセージを詩に託していますが、本書ではタイトルに含まれる“一撃”に表されるように、より直截なメッセージとなって迫ってきます。

詩的技巧に優れた『ジブリールの翼』と哲学的思考に力点が置かれた『ムーサーの一撃』を併せてお読みいただければ幸いです。